『スモールビジネス』プログラマー編!プログラマーのデメリット

『スモールビジネス』をプログラマーで行うデメリットは、自身のスキルが収入に直結することです。

高いスキルを持っていれば高収入の仕事も取りやすいですが、経験が浅ければ低単価の仕事しか取れません。企業に就職もせずにいきなり行うのは難しいため、一度はIT企業などに就職して十分なスキルを身に付けておいた方が良いでしょう。

この業界は新しい技術が導入されるのも早いので、1つのスキルを身に付けて安心していると業界の変化の波に取り残される恐れがあります。今行っている仕事だけ見るのではなく、今後必要になってくるスキルを見極めて自主的に身に付けていくことが重要です。

プログラムの技術ばかり考えて経営の知識が不足することで、未払いが起きたり安く契約を受けてしまうなどのトラブルも多いので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 『スモールビジネス』としてカフェを開業するために銀行から融資を受けるためには、何が大切なのでしょうか…
  2. 『スモールビジネス』でカフェの経営を考えているのであれば、経営方針を開業する前に持っていることが大切…
  3. 『スモールビジネス』のプログラマー編として考えておかないといけないのはアイデアの出し方でしょう。…

関連リンク

  • 東京 幼稚園

    みずほ幼稚園では、文字の書き方・音楽・運動・英語など、これからの時代に必要な知識を養います!入園説明会も行っておりますので、ぜひご覧ください。

    www.mizuho.ac.jp/

PAGE TOP