『スモールビジネス』プログラマー編!経営方針のまとめ方

『スモールビジネス』のプログラマーの経営方針は、納期に間に合うように取引先と交渉することが必要不可欠です。

納期に間に合わないにも関わらず、無理をして計画を立てると残業代がかかってしまい、経営が立ち行かなくなってしまいます。その状態を防ぐためにも、事前に自分たちのパワーバランスをしっかり考慮した上で納期を決めることが望ましいです。

具体的には、雇っている社員の技術レベルを事前に把握することが重要です。技術レベルが分かれば後はどれだけの期間がかかるかを計算しましょう。計算方法は多々ありますが、この期間であれば無理なくできるだろうと言うレベルで余裕を持って設定することが非常に望ましいです。

余裕があれば、その後の計画も楽になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. IT関係の『スモールビジネス』で売上を伸ばしていく方法は、宣伝活動に尽きると言っても良いかもしれませ…
  2. 『スモールビジネス』教室。塾を開く場合には、規模が大きなものは別にして個人での起業が多くなります。…
  3. 『スモールビジネス』でカフェを開業し順調に業績が伸びてきた場合に考えるのが法人化です。一方でカフ…
PAGE TOP