『スモールビジネス』居酒屋編!融資の受け方

『スモールビジネス』の店舗経営として人気のある居酒屋経営ですが、実際に飲食店を開業する際に利用できる融資方法に次のようなものがあります。

新規に居酒屋を開業する時に使える真創業融資制度と、中小企業経営強力化資金と都道府県や市町村が提供してくれる保証金協会融資などが存在します。

真創業融資制度は、日本政策金融公庫から開業直後に無担保で無保証で資金を受けられる制度で、最高3000万円まで自己申請できるメリットがありますが、支払い利息は中小企業経営強力化資金に比べると利息が高いデメリットがあります。中小企業経営強力化資金も日本政策金融公庫が行ってますが、上限金額が7200万円で新創業融資制度よりも金利が低く、事業計画などのサポートが受けられます。

それ以外にも民間の金融機関から事業計画を提出申請して資金を得る方法があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ネットショップであれば在宅で行う事が出来ますので、主婦が始める『スモールビジネス』としても人気があり…
  2. 『スモールビジネス』で教室や塾を開いた場合、顧客を獲得することが一番大事な課題になります。まずはター…
  3. 『スモールビジネス』代行ビジネスの補助金の活用方法は、研修に対する補助金は申請も通りやすいですし、社…
PAGE TOP