『スモールビジネス』IT編!値段のつけかた

ITの『スモールビジネス』で値段を設定するポイントは、消費者が妥当な価格かどうか納得できることです。

価格は商品やサービスの価値を表すもので、消費者にとっても価値基準のモノサシになるからです。消費者が商品に感じる価値が価格より低いと、その商品は売れないのが一般的です。

一方、商品を売るために価格を低くしすぎると、開発コストやマーケティングコストなどが回収できなくなります。それは会社経営に深刻なダメージを与えるので、是が非でも避けたい事態です。結論から言えば、価格設定は総原価を基にして、利益が出る範囲と消費者の購入最低額の範囲で決めることになります。

また、自社の商品価格は、競合他社の商品価格にも影響を与えることを覚えておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 『スモールビジネス』では、資金を調達するのが大きな問題の一つになります。教室や塾を始めたいと思っ…
  2. 『スモールビジネス』でネットショップというのは王道といえば王道ですが、資金的に非常に楽なビジネスかと…
  3. 教室、塾の『スモールビジネス』で売上を伸ばしていく為には、たくさんの生徒に来てもらえるようにならなく…

関連リンク

  • みずほスクール

    みずほスクールでは、お子様の将来の夢や目標を実現するような教育をお行っており、お子様のお役に立てられればと思っております。ぜひ、幼稚園・スクールをお探しの方は、こちらをご覧ください。

    www.mizuho-edu.co.jp/

PAGE TOP