『スモールビジネス』プログラマー編!アイデアの出し方

『スモールビジネス』のプログラマー編として考えておかないといけないのはアイデアの出し方でしょう。

アイデアさえあれば、それをアプリケーションの形に落とし込む能力は十分にあるけれども、そもそもアイデアが出ないという人は多いものです。

アイデアというのは、どうやって出したのかということを他の人にも分かるように説明することが困難な、天才的ひらめきによるものがあることは確かに事実ですし、そういったものが大きくクローズアップされることもまたそのとおりでしょう。

しかし、一般論としては決して天才的ひらめきが必須なわけではありません。アイデアの出し方に関連するような書籍はいくらでもあり、そういう方法を実践することで、既存のものから何か新しいアイデアを生み出すことはできるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 『スモールビジネス』としてネットショップを行う場合、基本的には個人事業でスタートさせることになるでし…
  2. 『スモールビジネス』IT編として、そのデメリットを考えてみます。いったいどんなデメリットがあるのでし…
  3. プログラマーが『スモールビジネス』を始めるケースも最近は増えてきました。時間や場所を気にせずにプ…
PAGE TOP